KYUSHU CHARM

ONE TEAM KYUSHU

九州の魅力

The World’s 20th Largest Economy The World’s 20th Largest Economy
20th LARGEST ECONOMY IN THE WORLD

世界20位台の経済規模

一国の経済規模を持つ九州

九州の人口は1,371万人で(全国シェア10.3%)、面積やGDPなど各種経済指標も全国の約10%を占めています。 九州の域内生産額は約44兆円。広い土地、清廉な水、豊富な労働力を背景に、半導体関連産業、自動車産業、農林水産業が主要産業です。

域内総生産の国際比較:一部抜粋

域内総生産の国際比較グラフ

出典:「九州経済国際化データ2015」

environmental technology environmental technology

環境技術

HISTORY OF ENVIRONMENTAL TECHNOLOGY

公害を克服してきた歴史と環境技術

福岡は公害を克服した経験から、北九州市を中心に土壌・水質浄化などの環境リサイクル技術が集積しています。また、太陽光や風力等、豊富な再生可能エネルギー資源を有し、エネルギー分野においても注目されています。近年ではアジアを玄関口として、環境技術の海外展開や、海外からの環境視察団の訪問等が増加しています。

大腸菌でさえ棲めない汚れた洞海湾写真
大腸菌でさえ棲めない汚れた洞海湾(1960年代)
よみがえった洞海湾写真
よみがえった洞海湾(現在)
水質(COD)グラフ
煙に覆われた空写真
煙に覆われた空(1960年代)
よみがえった青い空写真
よみがえった青い空(現在)
降下ばいじんグラフ

PERCENTAGE OF CLEAN ENERGY

クリーンエネルギーの割合

九州におけるクリーンエネルギーの割合58%

九州におけるクリーンエネルギーの割合グラフ

HYDROGEN LEADER CITY PROJECT

福岡市水素リーダー都市プロジェクト

下水から水素をつくる”世界初”の水素ステーション

下水から水素をつくる”世界初”の水素ステーション図

”やっかい者”から”グリーン水素”

  • 下水をきれいにする時に発生するバイオガスから水素をつくります。
  • 水素を作る時、下水はバイオマスなのでCO2を増やしません。”グリーン水素”

水素で走る燃料電池自動車(FCV)

  • ① 燃料の水素と空気中の酸素から電気をつくり、モーターで走ります。
  • ② 走る時にはCO2を出さず、水(H2O)しか出しません。
  • ③ 満タンの水素で650kmも走ります。(充填時間はわずか3分

”グリーン水素”とCO2の地産地消

下水処理場の水素ステーションで”グリーン水素”を供給します。

下水処理場の水素ステーションで
”グリーン水素”を供給します。

他の水素ステーションへ”グリーン水素”を運搬・供給します。

他の水素ステーションへ
”グリーン水素”を運搬・供給します。
(計画)

”グリーン水素”をつくる時に取り出したCO2を利用して、野菜の成長を促します。

”グリーン水素”をつくる時に取り出したCO2を利用して、野菜の成長を促します。

Page top